Google Apps Scriptでスプレッドシートの文字色を取得する

Google Apps Scriptでスプレッドシートの文字色を取得するには

  • getFontColor()

を使う。

・getFontColor()
範囲の左上隅にあるセルのフォント色を、CSS記法で(’#ffffff’またはのように’white’)返します 。

戻る
String- CSS表記のフォントの色(’#ffffff’またはのような’white’)

参照:range#getfontcolor

Google Apps Scriptでスプレッドシートの文字色を取得するスクリプト

setFontColor()で配色し、範囲.getFontColor()でカラーコードを取得したスクリプト。

/*セルの文字色を取得する*/
function getfntcolor() {

//スプレッドシートAppを呼出し
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
 var sht = ss.getActiveSheet();
 
//文字を設定する範囲をrngに設定
 var rng = sht.getRange("A1:B2");
//rngにテキスト入力する
rng.setValue("Spreadsheet.Blue");

//rngに配色する
 rng.setFontColor("green");

//各列数を取得
var col = sht.getRange("A1").getColumn();
var col2 = sht.getRange("B1").getColumn();
//列幅を広げる
sht.autoResizeColumn(col);
sht.autoResizeColumn(col2);

//メッセージボックスに取得した文字のカラーコードを表示する
Browser.msgBox("設定した文字のカラーコードは「"+rng.getFontColor()+"」です");

}

/*シートクリア*/
function clear(){

//スプレッドシートApp呼出し
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシート取得
var sht = ss.getActiveSheet();

//シートをクリアする
sht.clear()
//列幅を戻す
sht.setColumnWidth(1,100);
sht.setColumnWidth(2,100);

}

 

Google Apps Scriptでスプレッドシートの文字色を取得するsample

まとめ

配色時、setFontColor(“green”)としても返される配色の表示は「#008000」となる。

文字色が分からない時に便利なメソッド。

>>スプレッドシートの文字色を変える

>>スプレッドシートのセル背景色を変える

>>スプレッドシートの複数セルの背景色を変える

>>スプレッドシートのセルの背景色を取得する