Google Apps Scriptでスプレッドシートの複数文字の書体を変える

Google Apps Scriptでスプレッドシートの複数文字の書体を変えるには

  • setFontFamilies(fontFamilies)

を使う。

・setFontFamilies(fontFamilies)
フォントファミリの長方形のグリッドを設定します(この範囲の寸法と一致する必要があります)。フォントファミリの例は、 “Arial”または “Helvetica”です。

パラメーター

戻る
Range – 連鎖の範囲

参照:range#setfontfamiliesfontfamilies

Google Apps Scriptでスプレッドシートの複数文字の書体を変える

setFontFamilies(フォントの様式)で文字形式を変更する。

今回は文字の様式を変数へ、さらに配列に格納しsetFontFamiliesにてセル範囲とセルの書体を一括変更した。

/*スプレッドシートの複数セルの書体を変更する*/
function fntcell() {
  
//スプレッドシートAppを取得
 var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
 var sht = ss.getActiveSheet();
 
//書体を変数へ格納
 var fnt1 = "Mina"
 var fnt2 = "Lato"
 var fnt3 = "Rammetto One"
 var fnt4 = "Playfair Display"
 var fnt5 = "Noto Sans"
 var fnt6 = "Arimo"
 var fnt7 = "Poppins"
 var fnt8 = "Titillium Web"
 var fnt9 = "Code Caption"
 var fnt10 = "Indie Flower"
 var fnt11 = "Inconsolata"
 var fnt12 = "Itim"
 
//書体を配列に格納する
 var fonts = [
   [fnt1, fnt2, fnt3],
   [fnt4, fnt5, fnt6],
   [fnt7, fnt8, fnt9],
   [fnt10, fnt11, fnt12]
   ];
 
//書体を配置する範囲を取得
 var cell = sht.getRange("B2:D5").setValue("SpreadSheet.Blue");

//取得範囲に書体を設置
 cell.setFontFamilies(fonts);
 
//列数を取得
 var col =  sht.getRange("B:B").getColumn();
 var col2 = sht.getRange("C:C").getColumn();
 var col3 = sht.getRange("D:D").getColumn();

//列幅をリサイズ
sht.autoResizeColumn(col);
sht.autoResizeColumn(col2);
sht.autoResizeColumn(col3);

 Browser.msgBox("左上から順に"+fnt1+","+fnt2+","+fnt3+" \\n "+fnt4+","+fnt5+","+fnt6+" \\n "+fnt7+","+fnt8+","+fnt9+"です");
 
 
}

/*シートをクリア*/
function clear(){
  
//スプレッドシートAppを取得
 var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
 var sht = ss.getActiveSheet();
//シートをクリアする 
 sht.clear();
 
}

 

Google Apps Scriptでスプレッドシートの複数文字の書体を変える

 

まとめ

setFontFamilies(フォント様式)で変更。

フォントの様式はGoogle Fontから選択した。

配列に入れて一括変更できるので、いざという時に使えるかも。

>>スプレッドシートにある文字の書体を変える

>>スプレッドシートの文字を太くする

>>スプレッドシートの文字の大きさを変える

>>スプレッドシートの文字色を変える