Google Apps Scriptでスプレッドシートにある文字の書体を変える

Google Apps Scriptでスプレッドシートにある文字の書体を変えるには

  • setFontFamily(fontFamily)

を使う。

・setFontFamily(fontFamily)
“Arial”や “Helvetica”などのフォントファミリを設定します。

パラメーター

タイプ 説明
fontFamily String フォントファミリー。null値は、フォントファミリをリセット

戻る
Range – 連鎖の範囲

参照:range#setfontfamilyfontfamily

Google Apps Scriptでスプレッドシートにある文字の書体を変えるスクリプト

A列〜E列にサンプルのフォントを記入して、setFontFamilyメソッド(範囲変数)にてそれぞれのフォントを変更した。

フォントの参考はGoogle fontを参照。

/*スプレッドシートにある文字の書体を変える*/
function fontfamil() {

//スプレッドシートAppを呼出し
 var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//シート1を取得 
 var sht = ss.getSheets()[0];

//A1:A10にaiueoと入力
 var cell = sht.getRange("A1:A10").setValue("aiueo");
//B1:B10にkakikukekoと入力
 var cell2 = sht.getRange("B1:B10").setValue("kakikukeko");
//C1:C10にkakikukekoと入力
 var cell3 = sht.getRange("C1:C10").setValue("sashisuseso");
//D1:D10にkakikukekoと入力
 var cell4 = sht.getRange("D1:D10").setValue("tachituteto");
//E1:E10にkakikukekoと入力
 var cell5 = sht.getRange("E1:E10").setValue("naninuneno");
 
 var col = cell.getColumn();
 var col2 = cell2.getColumn();
 var col3 = cell3.getColumn();
 var col4 = cell4.getColumn();
 var col5 = cell5.getColumn();
 
//指定の書体に変更する
var fnt1 = "Open Sans"
var fnt2 = "Roboto Condensed"
var fnt3 = "Rammetto One"
var fnt4 = "Rozha One"
var fnt5 = "Itim"

 cell.setFontFamily(fnt1);
 cell2.setFontFamily(fnt2);
 cell3.setFontFamily(fnt3);
 cell4.setFontFamily(fnt4);
 cell5.setFontFamily(fnt5);

Browser.msgBox(+col+"列の書体を"+fnt1+"に\\n "+col2+"列の書体を"+fnt2+"に\\n "+col3+"列の書体を"+fnt3+"に\\n "+col4+"列の書体を"+fnt4+"に\\n "+col5+"列の書体を"+fnt5+"に変更しました");
 
}

 

Google Apps Scriptでスプレッドシートにある文字の書体を変えるsample

 

まとめ

setFontFamily(範囲)にて書体を変更出来る。覚えやすい。

たとえば見出し文字だけ書体を変えたり、変更されたセルのみ書体を変えたり強調したい箇所に使える。

setFontfamily() ☓

setFontFamily() ◯

注意する。

>>スプレッドシートの複数文字の書体を変える

>>スプレッドシートの複数セルにある文字の書体を取得する

>>スプレッドシートの文字を太くする

>>スプレッドシートの文字色を変える