Google Apps Scriptでスプレッドシートの複数文字に下線・打ち消し線をつける

Google Apps Scriptでスプレッドシートの複数文字に下線・打ち消し線をつけるには

  • setFontLines(fontLines)

を使う。

・setFontLines(fontLines)
線スタイルの長方形のグリッドを設定します(この範囲の寸法と一致する必要があります)。

パラメーター

タイプ 説明
fontLines Object[][] フォントのラインスタイルの二次元アレイ(’underline’、’line-through’または’none’)。null値はフォントの線スタイルをリセットします。

戻る
Range – 連鎖の範囲

参照:range#setfontlinesfontlines

Google Apps Scriptでスプレッドシートの複数文字に下線・打ち消し線をつけるスクリプト

先ず変数lines(配列)に[ [“underline”, “line-through”, “none”,”underline”,”line-through”] ];とラインスタイルを定義・格納し、範囲.setFontLines(lines)で範囲内の文字に線を付与した。

 

Google Apps Scriptでスプレッドシートの複数文字に下線・打ち消し線をつけるsample

 

まとめ

setFontLines(配列変数)で一度に複数セルへ線を付与出来る。

注意するのは設定する範囲は一行に収めること。

getRange(“A1:A5”) ☓ 行が増えてはだめ

getRange(“A1:E1”) ○ 横一行での範囲ならOK

配列設定する際は

var 変数 =[ [“underline”,”line-through”] ];

と[]の中に[]を作りその中にダブルクオーテーションでラインスタイルを囲って書く。

>>スプレッドシートの複数文字に下線・打ち消し線をつける

>>スプレッドシートにある文字の書体を変える

>>スプレッドシートの文字の大きさを変える

>>スプレッドシートの文字色を変える