Google Apps Scriptでスプレッドシートの文字の大きさを変える

Google Apps Scriptでスプレッドシートの文字の大きさを変えるには

  • setFontStyle(fontStyle)

を使う。

・setFontStyle(fontStyle)
指定した範囲(’italic’または’normal’)のフォントスタイルを設定します。

パラメーター

タイプ 説明
fontStyle String italic’またはどちらかのフォントスタイル’normal’。null 値は、フォントスタイルをリセット

戻る
Range – 連鎖の範囲

参照:range#setfontstylefontstyle

Google Apps Scriptでスプレッドシートの文字の大きさを変えるスクリプト

setFontSize(フォントサイズ)で変更する。

A~E列に値を入力し、フォントサイズを10~20で設定してみた。

 

Google Apps Scriptでスプレッドシートの文字の大きさを変えるsample

まとめ

setFontSize()で変更出来る。メソッドの名前は覚えやすいので使いやすい。

もし文字の大きさを14に設定するなら

範囲.setFontSize(14);となる。

範囲.setFontsize(14)ではダメ。

Sは大文字となるので注意する。

>>スプレッドシートの文字を太くする

>>スプレッドシートの文字色を変える

>>スプレッドシートの文字に下線・打ち消し線をつける

>>スプレッドシートにある文字の書体を変える