Google Apps Scriptでスプレッドシートの文字を太くする

Google Apps Scriptでスプレッドシートの文字の太さを変えるには

  • setFontWeight(fontWeight)

を使う。

・setFontWeight(fontWeight)
指定した範囲のフォントの太さを設定します(標準/太字)。

パラメーター

タイプ 説明
fontWeight String フォントの太さ、’bold’またはどちらか’normal’。null 値は、フォントの太さをリセットします

参照:range#setfontweightfontweight

Google Apps Scriptでスプレッドシートの文字の太さを変えるスクリプト

setFontWeight()で文字を太くすることが出来る。但し太さの幅は変更出来ない。

変更出来るのは

  1. ‘bold’(太く)
  2. ‘normal’(標準)

の2つのみ。

/*スプレッドシートの文字の太さを変える*/
function fntstyle() {

//スプレッドシートAppを呼出し
 var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
 var sht = ss.getActiveSheet();

//A1:A5範囲を取得してcellに格納
 var cell = sht.getRange("A1:A5").setValue("SpreadSheet.Blue");
 
//B1:B5範囲を取得 してcell2に格納
 var cell2 = sht.getRange("B1:B5").setValue("SpreadSheet.Blue");
 
//各列数を取得
 var col = cell.getColumn();
 var col2 = cell2.getColumn();

//cellの文字スタイルを太く
 cell.setFontWeight("bold");
//cell2の文字スタイルをノーマルに
 cell2.setFontWeight("normal");
 
//列幅をリサイズ
 sht.autoResizeColumn(col);
 sht.autoResizeColumn(col2);
 
//メッセージボックスに変更内容を表示する
 Browser.msgBox(+col+"列の文字を太く\\n "+col2+"列の文字はノーマルに");
 
 }

/*シートの値をクリア*/
function clear(){
 
//スプレッドシートAppを呼出し
 var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
 var sht = ss.getActiveSheet();
//シートの値をクリア
 sht.clear();
//シートの列幅をデフォルトに 
 sht.setColumnWidth(1,100);
 sht.setColumnWidth(2,100);
 
 }

 

Google Apps Scriptでスプレッドシートの文字の太さを変えるsample

 

まとめ

setFontWeight(bold)で変更出来るが、ちょっと覚えづらい。

文字に線を付けるメソッドと、文字の書体を変更するメソッドと組み合わせられれば見易い資料ができそう。

>>スプレッドシートの複数文字の書体を変える

>>スプレッドシートの文字色を変える

>>スプレッドシートの文字の大きさを変える

>>スプレッドシートの複数セルの文字色を変える