Google spps scriptでスプレッドシートの行を削除する

Google spps scriptでスプレッドシートの行を削除するには

  • deleteRow()

を使う。

・deleteRow(rowPosition)
指定された行位置の行を削除します。

パラメーター

タイプ 説明
rowPosition Integer 最初の行で1から始まる行の位置

戻る
Sheet – シート、メソッド連鎖に便利

参照:sheet#deleteRow(Integer)

Google spps scriptでスプレッドシートの行を削除するスクリプト

削除する行を変数rに格納して、deleteRow(r)にて削除。

実行後、メッセージボックスに削除した行数を表示するスクリプト。

/*スプレッドシートの行を削除する*/
function gyou_sakujo() {

//スプレッドシートAppを呼び出し
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
  var sht = ss.getActiveSheet();
  
//テキストをtxtに格納
  var txt = "あいうえお" 
//A1~E10までtxtを記入  
  var rng = sht.getRange("A1:E10").setValue(txt);
//メッセージボックスにテキストを入力したことを表示
  Browser.msgBox("A1~E10セルに「"+txt+"」を表示しました。")
  
//削除する行数をrへ格納  
  var r = 2
//r行を削除
  sht.deleteRow(r);
//メッセージボックスに削除した行数を表示 
  Browser.msgBox(+r+"行目を削除しました");
  
}

/*シートをクリア*/
function clear(){

//スプレッドシートAppを呼び出し
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
  var sht = ss.getActiveSheet();
//シートをクリア
    sht.clear();
}

 

Google spps scriptでスプレッドシートの行を削除するsample

 

まとめ

deleteRow()の書き方を間違えない。削除したい行数を変数に格納して使えばあとの修正がラク。

列を削除するスクリプト行幅を変更するスクリプトと組み合わせてみても良さそう。

あとは行固定のスクリプトと組み合わせて、固定したあとの余分な行を削除しても良さげ。

>>スプレッドシートの列を削除する

>>スプレッドシートの複数列を削除する

>>スプレッドシートの複数行を削除する

>>スプレッドシートの値を削除する