Google apps scriptでスプレッドシートの行幅を指定する

Google apps scriptでスプレッドシートの行幅を指定するには、

  • setRowHeight(rowPosition, height)

を使う。

・setRowHeight(rowPosition, height)
指定された行の行の高さをピクセル単位で設定します。

パラメーター

タイプ 説明
rowPosition Integer 変更する行の位置
height Integer 高さをピクセル単位で設定します

戻る

Sheet – シート、メソッド連鎖に便利

参照:spreadsheet#setrowheightrowposition-height

Google apps scriptでスプレッドシートの行幅を指定するスクリプト

setRowHeight(指定する行数,変更する高さpx)で変更する。

今回は変更する高さを変数sizeに格納して、行の高さを指定してみた。

/*スプレッドシートの行の幅を変更する*/
function gyou_haba() {

//スプレッドシートAppを呼び出し
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブなシートを取得
var sht = ss.getActiveSheet();

//A1:D1にあいうえおと入力
var rng = sht.getRange("A1:D1").setValue("あいうえお");
var size = 50

//1行目の高さを変更する
sht.setRowHeight(1,size);

//1行目の高さを変更しましたと表示
Browser.msgBox("1行目の高さを"+size+"pxに変更しました");
  
}

/*スプレッドシートの行の幅を元に戻す*/

function gyou_haba_defo() {
//スプレッドシートAppを呼び出し
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブなシートを取得
var sht = ss.getActiveSheet();

//A1:D1の値を削除
var rng = sht.getRange("A1:D1").setValue("");
var size = 21//デフォルトの高さ

//1行目のサイズを変更する
sht.setRowHeight(1,size);

//1行目の高さを変更しましたと表示
Browser.msgBox("1行目の高さを"+size+"pxに変更しました");
  
}

 

Google apps scriptでスプレッドシートの行幅を指定するsample

 

まとめ

行は幅ではなく高さなのでsetRowHeight()となる。

デフォルトの行高さは21px。

setRowsHeight()でなく、setRowHeight()であるため間違えない。

>>スプレッドシートの行を固定する

>>スプレッドシートの行を削除する

>>スプレッドシートの最終行を取得する

>>スプレッドシートの最大行を取得する