Google apps scriptでスプレッドシートにある行の非表示を表示する

Google apps scriptでスプレッドシートにある行の非表示を表示するには

  • unhideRow()

を使う。

・unhideRow(row)
指定された範囲の行を表示します。

パラメーター

タイプ 説明
row Range 非表示の場合は表示される範囲

参照:sheet#unhideRow(Range)

Google apps scriptでスプレッドシートにある行の非表示を表示するスクリプト

1つ目のスクリプトで非表示にして、もう1つで表示するスクリプト。

/*2行目を非表示にするスクリプト*/
function gyou_hihyouji() {

//スプレッドシートAppを呼び出し
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
var sht = ss.getActiveSheet();
//A1:C10にaiueoと入力
var rng = sht.getRange("A1:C10").setValue("aiueo");

//A2を取得
var A2 = sht.getRange("A2");
//A2の行数をrow1に格納
var row1 = A2.getRow();
//A2を非表示に
sht.hideRow(A2);

//非表示にした行数をメッセージボックスに表示
Browser.msgBox(+row1+"行を非表示にしました");
  
}

/*非表示を表示するスクリプト*/
function gyou_hyouji() {

//スプレッドシートAppを呼び出し
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
var sht = ss.getActiveSheet();
//A1:C10にaiueoと入力
var rng = sht.getRange("A1:C10").setValue("aiueo");

//A2を取得
var A2 = sht.getRange("A2");
//A2の行数をrow1に格納
var row1 = A2.getRow();
//A2を表示にする
sht.unhideRow(A2);

//非表示にした行数をメッセージボックスに表示
Browser.msgBox(+row1+"行を表示しました");
 }

 

Google apps scriptでスプレッドシートにある行の非表示を表示するsample

まとめ

hideRow()メソッドと使い方は同じ。

セルで再度表示したい行位置を指定する。

>>スプレッドシートの行を非表示にする

>>スプレッドシートの列を非表示にする

>>スプレッドシートの列非表示を表示|列数で指定する

>>スプレッドシートの行非表示を表示|行数で指定する