GASでHTMLファイルをWEB表示するdoGet関数

GASでHTMLファイルをWEB表示するには

  • doGet()関数

を使う。

HTMLサービスを使用してWebアプリケーションを作成するにdoGet() は、スクリプトにページの提供方法を​​指示する関数をコードに含める必要があります。

参照:HTMLをウェブアプリケーションとして提供する

GASでHTMLファイルをWEB表示するスクリプト

GASでHTMLファイルをWEB表示するには、先にhtmlファイルを作成しておく必要がある。

作成しておいたHTMLファイル(test.html)をdoGet()メソッドで呼び出す。

 

doGet()メソッドでhtmlファイルを表示した結果

GAS,html,表示

上図のhtmlファイル↓

 

doGetメソッドの使い方

下記コードは1つのメソッドとして覚える。

/*doGetでhtmlを表示*/
function doGet() {

return HtmlService.createHtmlOutputFromFile(‘test’);

 

htmlファイルを指定する際は(‘test’)の部分を指定のhtmlファイル名に変更すればOK

 

doGetについてもう少し詳しく

ホームページを表示する際に呼び出されるメソッドのこと。

GET要求をサポートするためにこのメソッドをオーバーライドすると、HTTP HEAD要求も自動的にサポートされます。HEADリクエストはGETリクエストであり、レスポンスには本文がなく、リクエストヘッダフィールドのみが返されます。

参照:メソッドの詳細

 

まとめ

htmlファイルを簡単に表示することができて便利。

次回はhtmlファイルの見た目をCSSにて変えることに挑戦したい。

htmlを操作するhtml, web

Posted by phc38802