Google apps scriptでメッセージボックスのテキストを改行する

Google apps scriptでメッセージボックスのテキストを改行するには

\\n

を使う。

macだと「¥キー」を2回叩くと「 \\ 」に変わる。

(commandキー等は押さなくてもOK)

Google apps scriptでメッセージボックスのテキストを改行するスクリプト

下記スクリプトのkaigyou1がメッセージボックスの通常表示。

kaigyou2がメッセージボックスの改行表示。

/*通常のmsg表示*/
function kaigyou1() {

//メッセージ1を変数msg1へ
  var msg1 = "あああああ"

//通常表示
  Browser.msgBox(msg1);
}

/*メッセージボックスの中で改行*/
function kaigyou2() {

//改行表示(あが上段、いが下段)
  Browser.msgBox('あああああ \\n いいいいい');
}

 

Google apps scriptでメッセージボックスのテキストを改行するsample

 

まとめ

“あいうえお”\\n”かきくけこ”では改行しない。

“あいうえお\\nかきくけこ”が正解。

 

「\\n」を使う時は間に半角スペースを入れた方が可読性が上がる。

「テキスト1\\nテキスト2」

「テキスト1 \\n テキスト2」

みたいな。

 

あと変数にメッセージ入れて(例:var msg)

「msg1 \\n msg2」

では表示されない。

 

変数のメッセージは「+」演算子で繋げることは出来るけど、改行の「\\n」ではエラーになった。

「+」のニュアンスはVBAの”&”の使い方に似てる。

>>スプレッドシートにメッセージボックスと選択肢を表示させる

>>スプレッドシートにポップアップウインドウを表示する

>>スプレッドシートのテキスト入力ボックスを表示させる