Google apps scriptでスプレッドシートにメッセージボックスと選択肢を表示させる

Google apps scriptでスプレッドシートにメッセージボックスと選択肢を表示させるには

  • msgBox(title, prompt, buttons)

と使う。

・msgBox(title, prompt, buttons)
指定されたタイトル、メッセージ、および指定されたボタンをユーザのブラウザに表示するダイアログボックスをポップアップ表示します。

msgBoxメソッドは、指定されたタイトルでクライアント側のメッセージボックスを表示し、指定されたメッセージをユーザーに表示し、表示するボタンの選択肢を提供します。

このメソッドを使用すると、サーバー側のスクリプトが中断されることに注意してください。ユーザーがダイアログをクリアした後は自動的に再開しますが、JDBC接続はサスペンドの間中存続しません。

パタメーター

タイプ 説明
title String ダイアログボックスのタイトル
prompt String ダイアログボックスに表示されるテキスト
buttons ButtonSet Browser.Buttonsからの列挙型

戻る
String – ユーザがクリックしたボタンの小文字のテキスト(または、キャンセルされたダイアログの場合は ‘キャンセル’)

参照:browser#inputBox(String)

Google apps scriptでスプレッドシートにメッセージボックスと選択肢を表示させるスクリプト

A1セルに入力する値を準備して、masgbox表示してOKだったらA1入力。キャンセルならA1削除。

Ifと組み合わせてるととっても便利。

/*メッセージボックスを表示してOKかキャンセルする*/
function msgbox1() {

//スプレッドシートAppを呼び出し
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
var sht = ss.getActiveSheet();

//A1セルに入力するテキスト
var rng = sht.getRange("A1").setValue("A1の値だよ");

//メッセージボックスに選択肢を設置して
  var test = Browser.msgBox("どちらかを選択して下さい", "続けますか", Browser.Buttons.OK_CANCEL);
  //もし続けるならA1に値を入力
    if (test == 'ok') {
        Browser.msgBox("A1に値を入力しました");
    }
  //続けないならA1セルをクリア
    if (test == 'cancel') {
        Browser.msgBox("A1の値を入力しません。");
        var rng1 = sht.getRange("A1").clear();
    }
}

Google apps scriptでスプレッドシートにメッセージボックスと選択肢を表示させるsample

 

まとめ

Browser.msgBox(‘タイトル’,’表示するテキスト’,選択肢)と入力するだけ。

使いやすい。

IFとの組み合わせがオススメ。

>>メッセージボックスのテキストを改行する

>>スプレッドシートのテキスト入力ボックスを表示させる

>>スプレッドシートのテキスト入力ボックスに選択肢を入れる

>>スプレッドシートにポップアップウインドウを表示する