Google Apps Scriptでスプレッドシートの隣のセルを取得する

Google apps scriptを使ってスプレッドシートで隣のセルを取得するには

  • offset(行、列)

を使う。

・offset(rowOffset, columnOffset)

指定された行数と列数でこの範囲からオフセットされた新しい範囲を返します(負の数も可)。新しい範囲は、元の範囲と同じサイズです。

パラメーター

タイプ 説明
rowOffset Integer
範囲の左上のセルからの行数。負の値は、範囲の左上のセルから上の行を表します
columnOffset Integer
範囲の左上のセルからの列の数。負の値は、範囲の左上のセルから左にある列を表します

戻る
Range – 連鎖の範囲

参照:range#offset(Integer,Integer)

Google apps scriptを使ってスプレッドシートで隣のセルを取得するスクリプト

特定のセル今回はB2セルの隣接するセルにoffsetで移動して、コメントを表示する。

/*右へコメント*/
function migi() {

//スプレッドシートAppを呼び出し
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
var sht = ss.getActiveSheet();

//セルのB2を取得
var B2 = sht.getRange(2,2);
//B2へ"起点セル"を記入
B2.setValue("起点セル");

//B2セルの右隣へ入力
var C2 = B2.offset(0, 1).setValue("右隣");

}

/*左へコメント*/
function hidari() {

//スプレッドシートAppを呼び出し
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
var sht = ss.getActiveSheet();

//セルのB2を取得
var B2 = sht.getRange(2,2);
//B2へ"起点セル"を記入
B2.setValue("起点セル");

//B2セルの左隣りへ入力
var A2 = B2.offset(0,-1).setValue("左隣");

}

/*上へコメント*/
function ue() {

//スプレッドシートAppを呼び出し
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
var sht = ss.getActiveSheet();

//セルのB2を取得
var B2 = sht.getRange(2,2);
//B2へ"起点セル"を記入
B2.setValue("起点セル");


//B2セルの上へ入力
var B1 = B2.offset(-1,0).setValue("上");

}

/*下へコメント*/
function shita() {

//スプレッドシートAppを呼び出し
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
var sht = ss.getActiveSheet();

//セルのB2を取得
var B2 = sht.getRange(2,2);
//B2へ"起点セル"を記入
B2.setValue("起点セル");

//B2セルの下へ入力
var B3 = B2.offset(1,0).setValue("下");
  
}

 

Google apps scriptを使ってスプレッドシートで隣のセルを取得するsample

 

まとめ

Rangeプロパティ.offset(行、列)と指定するだけ。

全て小文字で行、列と指定すれば良いだけなので使うのは容易。

>>スプレッドシートのセルを取得する

>>スプレッドシートを取得する

>>スプレッドシートの全てのシートを取得する

>>スプレッドシートのIDを取得する

>>スプレッドシートのURLを取得する20