Google apps scriptでスプレッドシート内の指定された範囲をアクティブにする

Google apps scriptでスプレッドシート内の指定された範囲をアクティブにするには

  • setActiveRange(range)

を使う。

・setActiveRange(range)
アクティブシートのアクティブ範囲を設定します。

パラメーター

タイプ 説明
range Range 有効範囲として設定する範囲

戻る
Range – 新しくアクティブな範囲

参照:spreadsheet#setactiverangerange

Google apps scriptでスプレッドシート内の指定された範囲をアクティブにする

function actrng()ではA1:E10をアクティブ範囲としてrngに格納。

.setActiveRange(rng);

でアクティブ範囲として選択。

function actrng2()ではアクティブセルとしてA1をrngに格納。

.setActiveRange(rng);

でアクティブセルとして選択するスクリプト。

/*スプレッドシート内の指定セル範囲をアクテイブにする*/
function actrng() {

//スプレッドシートAppを呼出し
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
var sht = ss.getActiveSheet();

//アクティブにしたい範囲をrngに格納
var rng = sht.getRange("A1:E10");
//rngをアクテイブ範囲にする
sht.setActiveRange(rng);

//メッセージボックスにアクティブにしたことを表示
Browser.msgBox("指定された範囲をアクテイブにしました");


}

/*指定セルをアクテイブにする*/
function actrng2() {

//スプレッドシートAppを呼出し
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
var sht = ss.getActiveSheet();

//アクティブにしたい範囲をrngに格納
var rng = sht.getRange("A1");
//rngをアクテイブ範囲にする
sht.setActiveRange(rng);

//メッセージボックスにアクティブにしたことを表示
Browser.msgBox("指定されたセルをアクテイブにしました");


}

 

Google apps scriptでスプレッドシート内の指定された範囲をアクティブにする

まとめ

setActiveRange(range);なのでセルだけでなく、セル範囲もアクティブにすることが出来る。

もしA5セルをアクティブにするなら

var A5 = sht.setActiveRange(“A5”);

sht.setActiveRange(A5);

となる。

直接メソッドの中でアクティブ範囲を指定するよりも、範囲を変数で格納してからsetActiveRange(変数Range)として使う方がややこしくない。

>>スプレッドシートの選択範囲に名前を付ける

>>スプレッドシート内の指定したセル範囲をアクティブにする

>>スプレッドシートの選択範囲から指定したセル取得する

>>スプレッドシートの範囲を指定する