Google apps scriptでスプレッドシート内の指定したセル範囲をアクティブにする

Google apps scriptでスプレッドシート内の指定したセル範囲をアクティブにするには

  • setActiveSelection(a1Notation)

を使う。

・setActiveSelection(a1Notation)
A1表記またはR1C1表記で指定されたアクティブな選択を設定します。

パラメーター

タイプ 説明
a1Notation String A1表記またはR1C1表記で指定されている、アクティブとして設定する範囲

戻る
Range – 新しくアクティブな範囲

参照:spreadsheet#setactiveselectiona1notation

Google apps scriptでスプレッドシート内の指定したセル範囲をアクティブにするスクリプト

A1:C10を範囲としてrngに格納。

setActiveSelection(rng);

と書いて範囲A1:C10をアクティブにしたスクリプト。

/*スプレッドシート内の選択した範囲をアクティブにする*/
function activesheet() {

//スプレッドシートAppを呼出し
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
var sht = ss.getActiveSheet();

//A1:C10にsetActiveを記入
var rng = sht.getRange("A1:C10").setValue("setActive");
//取得した範囲をアクティブにする
sht.setActiveSelection(rng);

//A~C列の列幅をリサイズ
sht.autoResizeColumn(1);
sht.autoResizeColumn(2);
sht.autoResizeColumn(3);

Browser.msgBox("選択した範囲をアクティブにしました");

}

/*シートをクリア*/
function clear() {

//スプレッドシートAppを呼出し
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
var sht = ss.getActiveSheet();
//シートをクリアする
sht.clear();

}

 

Google apps scriptでスプレッドシート内の選択したセル範囲をアクティブにするsample

 

まとめ

setActiveRange()メソッドとほぼ同様な使い方。

変数に範囲を格納して使うのがオススメ。

もしA1:D10をアクティブにするなら

var A1D10 = sht.getRange(“A1:D10”);

sht.setActiveRange(A1D10);

という具合。

>>スプレッドシート内の指定された範囲をアクティブにする

>>スプレッドシート内の指定したシートをアクティブにする

>>GASでスプレッドシートをアクティブにする方法

>>スプレッドシート内の指定したセル範囲をアクティブにする