Google apps scriptでスプレッドシートの罫線の太さを変える

Google apps scriptでスプレッドシートの罫線の太さを変えるには

  • setBorder(top, left, bottom, right, vertical, horizontal, color, style)

のstyleの箇所を設定する。

罫線スタイルの変更詳細。

プロパティ タイプ 説明
DOTTED Enum 点線の枠線。
DASHED Enum 破線の枠線。
SOLID Enum 細い実線の枠線。
SOLID_MEDIUM Enum 中実の実線の枠線。
SOLID_THICK Enum 太い実線の枠線。
DOUBLE Enum 2つの実線の境界。

参照:border-style

ちょっと書き方が特殊。罫線を破線にするには例えばこんな感じになる↓

cell.setBorder(true, null, true, null, false, false, “red”, SpreadsheetApp.BorderStyle.DASHED)

罫線setBorderメソッドの中で「SpreadsheetApp.BorderStyle.Style」と書く必要がある。

Google apps scriptでスプレッドシートの罫線の太さを変えるスクリプト

上から点線、破線、細い実線、中ふとの実線、太い実線、2つの実線を作成するスクリプト。計6種。

/*罫線のStyleを変える1*/
function keisen_style1() {
  
  //スプレッドシートAppを呼び出し
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  //アクティブシートを取得
  var sht = ss.getActiveSheet();
  
  //B2:D10の範囲を取得
  var rng = sht.getRange("B2:D10");
  
  //罫線を点線に
  //setBorder(top, left, bottom, right, vertical, horizontal, color, style)
  rng.setBorder(true,true,true,true,true,true,null,SpreadsheetApp.BorderStyle.DOTTED);
  
}

/*罫線のStyleを変える2*/
function keisen_style2() {
  
  //スプレッドシートAppを呼び出し
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  //アクティブシートを取得
  var sht = ss.getActiveSheet();
  
  //B2:D10の範囲を取得
  var rng = sht.getRange("B2:D10");
  
  //罫線を破線に
  //setBorder(top, left, bottom, right, vertical, horizontal, color, style)
  rng.setBorder(true,true,true,true,true,true,null,SpreadsheetApp.BorderStyle.DASHED);
  
}

/*罫線のStyleを変える3*/
function keisen_style3() {
  
  //スプレッドシートAppを呼び出し
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  //アクティブシートを取得
  var sht = ss.getActiveSheet();
  
  //B2:D10の範囲を取得
  var rng = sht.getRange("B2:D10");
  
  //罫線を細い実線に
  //setBorder(top, left, bottom, right, vertical, horizontal, color, style)
  rng.setBorder(true,true,true,true,true,true,null,SpreadsheetApp.BorderStyle.SOLID);
  
}

/*罫線のStyleを変える4*/
function keisen_style4() {
  
  //スプレッドシートAppを呼び出し
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  //アクティブシートを取得
  var sht = ss.getActiveSheet();
  
  //B2:D10の範囲を取得
  var rng = sht.getRange("B2:D10");
  
  //罫線を中実の実線の枠線に
  //setBorder(top, left, bottom, right, vertical, horizontal, color, style)
  rng.setBorder(true,true,true,true,true,true,null,SpreadsheetApp.BorderStyle.SOLID_MEDIUM  );
  
}

/*罫線のStyleを変える5*/
function keisen_style5() {
  
  //スプレッドシートAppを呼び出し
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  //アクティブシートを取得
  var sht = ss.getActiveSheet();
  
  //B2:D10の範囲を取得
  var rng = sht.getRange("B2:D10");
  
  //罫線を太い実線の枠線に
  //setBorder(top, left, bottom, right, vertical, horizontal, color, style)
  rng.setBorder(true,true,true,true,true,true,null,SpreadsheetApp.BorderStyle.SOLID_THICK );
  
}

/*罫線のStyleを変える6*/
function keisen_style6() {
  
  //スプレッドシートAppを呼び出し
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  //アクティブシートを取得
  var sht = ss.getActiveSheet();
  
  //B2:D10の範囲を取得
  var rng = sht.getRange("B2:D10");
  
  //罫線を2つの実線の枠線に
  //setBorder(top, left, bottom, right, vertical, horizontal, color, style)
  rng.setBorder(true,true,true,true,true,true,null,SpreadsheetApp.BorderStyle.DOUBLE);
  
}

 

Google apps scriptでスプレッドシートの罫線の太さを変えるsample

 

まとめ

セルの罫線の太さを変えるのに使えるsetBorderメソッド。

ビジネスライクに使えるのは中太線のSOLID_MEDIUMと太線のSOLID_THICKかな。

  • SpreadsheetApp.BorderStyle.SOLID_MEDIUM
  • SpreadsheetApp.BorderStyle.SOLID_THICK

罫線は色も変更出来るので、お好みで強調したいシーンでは使える。ただsetBorderメソッドの中にstyle変更するのは少し長いメソッドになる。

>>スプレッドシートのセル位置を真ん中に配置する

>>スプレッドシートのセルに罫線を作成して色を変える

>>スプレッドシートの文字を太くする

>>スプレッドシートのセルを結合する