Google apps scriptでスプレッドシートのセルに罫線を作成する

Google apps scriptでスプレッドシートのセルに罫線を作成するには

  • setBorder(top, left, bottom, right, vertical, horizontal)

を使う。

・setBorder(top, left, bottom, right, vertical, horizontal)

borderプロパティを設定します。有効な値はtrue(on)、false(off)およびnull(no change)です。

タイプ 説明
top Boolean true国境のfalseために、何のためにも、null変化のために
left Boolean true国境のfalseために、何のためにも、null変化のために
bottom Boolean true国境のfalseために、何のためにも、null変化のために
right Boolean true国境のfalseために、何のためにも、null変化のために
vertical Boolean true内部垂直ボーダーの場合false、noneの場合null、変更しない場合
horizontal Boolean true内部水平ボーダーの場合falseはnone、null変更しない場合は

戻るRange – 連鎖の範囲

参照:range#setBorder

Google apps scriptでスプレッドシートのセルに罫線を作成するスクリプト

セルB2:C10を範囲として選択し、

  1. TOPだけに罫線を作成
  2. TOP・BOTTOMに罫線を作成
  3. TOP・BOTTOM・RIGHT・LEFTに罫線を作成
  4. 全方向に罫線作成

の4種類を別々のスクリプトで作成してみた。

/*スプレッドシートのセルTOPに罫線を作成*/
function keisen1() {
  
//スプレッドシートAppを呼び出し
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
  var sht = ss.getActiveSheet();
//セル範囲B2:C10を取得
  var rng = sht.getRange("B2:C10");
  
//取得したセルに罫線を作成
//setBorder(top, left, bottom, right, vertical, horizontal)
  rng.setBorder(true, null, null, null, false, false);
}

/*スプレッドシートのセルTOP・bottomに罫線を作成*/
function keisen2() {
  
//スプレッドシートAppを呼び出し
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
  var sht = ss.getActiveSheet();
//セル範囲B2:C10を取得
  var rng = sht.getRange("B2:C10");
  
//取得したセルに罫線を作成
//setBorder(top, left, bottom, right, vertical, horizontal)
  rng.setBorder(true, null, true, null, false, false);
}

/*スプレッドシートのセルTOP・bottom・left・rightに罫線を作成*/
function keisen3() {
  
//スプレッドシートAppを呼び出し
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
  var sht = ss.getActiveSheet();
//セル範囲B2:C10を取得
  var rng = sht.getRange("B2:C10");
  
//取得したセルに罫線を作成
//setBorder(top, left, bottom, right, vertical, horizontal)
  rng.setBorder(true, true, true, true, false, false);
}

/*スプレッドシートのセルTOP・bottom・left・right・垂直・水平に罫線を作成*/
function keisen4() {
  
//スプレッドシートAppを呼び出し
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
  var sht = ss.getActiveSheet();
//セル範囲B2:C10を取得
  var rng = sht.getRange("B2:C10");
  
//取得したセルに罫線を作成
//setBorder(top, left, bottom, right, vertical, horizontal)
  rng.setBorder(true, true, true, true, true, true);
}

 

Google apps scriptでスプレッドシートのセルに罫線を作成するsample

 

まとめ

範囲.setBorder(top, left, bottom, right, vertical, horizontal)で使える。

分かりやすいけど、配列が長いので補助式を上に配置しておくと後で操作しやすい。

>>スプレッドシートのセルに罫線を作成して色を変える

>>スプレッドシートの罫線の太さを変える

>>スプレッドシートの文字に下線・打ち消し線をつける

>>スプレッドシートの文字の大きさを変える