Google apps scriptでスプレッドシートの選択範囲に名前を付ける

Google apps scriptでスプレッドシートの選択範囲に名前を付けるには

  • setNamedRange(name, range)

を使う。

・setNamedRange(name, range)
範囲に名前を付けます。

パラメーター

タイプ 説明
name String 範囲を与える名前
range Range 範囲指定

参照:spreadsheet#setNamedRange(String,Range)

Google apps scriptでスプレッドシートの選択範囲に名前を付けるスクリプト

名前を付ける範囲A1:D10を選択し、ADに格納。

setNamedRange(“範囲名”,AD);で取得した範囲変数ADに範囲名を付与するスクリプト。

/*スプレッドシート内の指定範囲に名前を付ける*/
function setname(){
  
//スプレッドシートAppを呼出し
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
var sht = ss.getActiveSheet();

//名前を付ける範囲を取得
var AD = sht.getRange("A1:D10");
//範囲ADに名前を付ける
var msg = ss.setNamedRange("A1D10",AD);

//メッセージボックスに名前をつけ終わったメッセージを表示
Browser.msgBox("選択した範囲に名前を付けました");

}

 

Google apps scriptでスプレッドシートの選択範囲に名前を付けるsample

まとめ

.setNamedRange(“範囲名”,AD)で選択した範囲に名前を付けられる。

setActiveRange()と殆ど同じことが出来るので、イマイチ使い所が分からない。

>>スプレッドシート内の指定された範囲をアクティブにする

>>スプレッドシートのドキュメントの名前を取得する

>>スプレッドシートのドキュメントの名前を変更する

>>スプレッドシートのシートの名前を変更する