Google apps scriptでスプレッドシートの列を非表示にする

Google apps scriptでスプレッドシートの列を非表示にするには

  • hideColumn(column)

を使う。

・hideColumn(column)
指定された範囲の列を非表示にします

パラメーター

タイプ 説明
column Range 非表示にする列の範囲

参照:spreadsheet#unhidecolumncolumn

Google apps scriptでスプレッドシートの列を非表示にするスクリプト

非表示にする列(セルB1とE1)を変数に格納して、hideColumn(B1)、hideColumn(E1)とした。

シートクリアではunhideColumn()メソッドを使って非表示を表示しているスクリプト。

/*スプレッドシートの列を非表示にするスクリプト*/
function retu_hihyouji() {

//スプレッドシートAppを呼び出し
 var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
 var sht = ss.getActiveSheet();
//A1:E1にあああと入力
 var rng = sht.getRange("A1:E1").setValue("あああ");

//列を非表示にする

 var B1 = sht.getRange("B1");//変数B1にB1セルを格納
 var E1 = sht.getRange("E1");//変数E1にE1セルを格納
 
 var col1 = B1.getColumn();//B1の列数をcol1に格納
 var col2 = E1.getColumn();//E1の列数をcol2に格納
 
 sht.hideColumn(B1);//B列を非表示にする
 sht.hideColumn(E1);//E列を非表示にする
 
 //非表示にした列をメッセージボックスで表示する
 Browser.msgBox(+col1+"と"+col2+"列を非表示にしました");
  
}

/*シートをクリア*/
function clear(){

//スプレッドシートAppを呼び出し
 var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
 var sht = ss.getActiveSheet();
//シートをクリアする
 sht.clear();
 
 //非表示を表示にする

 var B1 = sht.getRange("B1");//変数B1にB1セルを格納
 var E1 = sht.getRange("E1");//変数E1にE1セルを格納
 
 var col1 = B1.getColumn();//B1の列数をcol1に格納
 var col2 = E1.getColumn();//E1の列数をcol2に格納
 
 sht.unhideColumn(B1);//B列を非表示にする
 sht.unhideColumn(E1);//E列を非表示にする

}

Google apps scriptでスプレッドシートの列を非表示にするsample

 

まとめ

データ入力の際に不要な列を削除でなく、非表示にしたい時に重宝する。

hideRow()メソッドと同じく非表示にする時は対象列のセルを指定する。

hideColumn(列数) ☓

hideColumn(A1)  ○

と書く。

>>スプレッドシートの列非表示を表示|列数で指定する

>>スプレッドシートの行を非表示にする

>>スプレッドシートの行非表示を表示|行数で指定する

>>スプレッドシートにある列の非表示を表示する