Google apps scriptでスプレッドシートの指定した列の後に列を挿入する

Google apps scriptでスプレッドシートの指定した列の後に列を挿入するには

  • insertColumnAfter(afterPosition)

を使う。

・insertColumnAfter(afterPosition)

指定された列の位置の後ろに列を挿入します。

パラメーター

タイプ 説明
afterPosition Integer 新しい列を追加する必要がある列

戻る
Sheet-シート、メソッド連鎖に便利

参照:sheet#insertcolumnafterafterposition

Google apps scriptでスプレッドシートの指定した列の後に列を挿入するスクリプト

変数retuに列数を格納。

insertColumnAfter(retu)にてretuの後ろに1列挿入するスクリプト。

/*指定した列の後ろに列を挿入*/
function retu_sounyuu_after() {

//スプレッドシートAppを呼び出し
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
var sht = ss.getActiveSheet();

//A1:C10にかきくけこを挿入
var rng = sht.getRange("A1:C10").setValue("かきくけこ");
//列数をretuに格納
var retu = 2

//gyouの後ろに1列挿入
sht.insertColumnAfter(retu);

//メッセージボックスに挿入した列について表示
Browser.msgBox(+retu+"列目の後ろに1列挿入しました。");

}

/*指定した列を削除*/
function retu_sakujo() {

//スプレッドシートAppを呼び出し
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
var sht = ss.getActiveSheet();

//列数をretuに格納
var retu = 3
//列を削除
sht.deleteColumn(retu);

//メッセージボックスに削除した列数を表示する。
Browser.msgBox(+retu+"列を削除しました。");
}

 

Google apps scriptでスプレッドシートの指定した列の後に列を挿入するsample

 

まとめ

insertRowAfter()メソッドと同様に、挿入したい列の前の列数を()に入れれば使える。

2列目に挿入したいなら

insertColumnAfter(1) ◯

という具合。After(Before)は必ず記入する。

insertColumn() ☓

insertColumnAfter() ◯

>>スプレッドシートの指定した列の前に複数の列を挿入する

>>スプレッドシートの指定した行の前に複数の行を挿入する

>>スプレッドシートの指定した行の後ろに複数の行を挿入する

>>スプレッドシートの指定した列の後ろに複数の列を挿入する