Google apps scriptでスプレッドシートの列幅を指定する

Google apps scriptでスプレッドシートの列幅を指定するには

  • setColumnWidth(columnPosition, width)

を使う。

・setColumnWidth(columnPosition, width)
指定された列の幅をピクセル単位で設定します。

タイプ 説明
columnPosition Integer 指定された列の設定位置
width Integer それを設定するピクセル単位の幅

戻る
Sheet – シート、メソッド連鎖に便利

参照:sheet#setColumnWidth(Integer,Integer)

Google apps scriptでスプレッドシートの列幅を指定するスクリプト

列幅を50pxにするスクリプトと300pxにするスクリプトを2つ用意。

それぞれ列幅を変えたあとに変更した列幅をA1セルに記入した。

/*スプレッドシートの列幅を50pxへ変更する*/
function column50() {

//スプレッドシートAppを呼び出し
 var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブなシートを取得
 var sheet = ss.getSheets()[0];
 
 //メッセージボックスに列幅を50pxへ変更する表示
 Browser.msgBox("sheetの列幅を50pxへ変更します");
 
 //1列目の列幅を300pxへ変更
 sheet.setColumnWidth(1,50);
 //A1セルに列幅50pxを表示
 sheet.getRange("A1").setValue("列幅50px");
}

/*スプレッドシートの列幅を300pxへ変更する*/
function  column300(){

//スプレッドシートAppを呼び出し
 var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブなシートを取得
 var sheet = ss.getSheets()[0];

//メッセージボックスに列幅を300pxへ変更する表示
 Browser.msgBox("sheetの列幅を300pxへ変更します");
 
//メッセージボックスに列幅を300pxへ変更する表示 
 sheet.setColumnWidth(1,300);
//A1セルに列幅300pxを表示
 sheet.getRange("A1").setValue("列幅300px");

}

Google apps scriptでスプレッドシートの列幅を指定するsample

 

まとめ

sheetオブジェクト.setColumnWidth(列数,列幅px)で列幅を変更出来る。

先に変更したいシートを取得しておく必要がある。

>>スプレッドシートの列幅をセルの値に合わせて変更する

>>スプレッドシートの行幅を指定する

>>スプレッドシートの最大列を取得する