Google apps scriptでスプレッドシートの列非表示を表示|列数で指定する

Google apps scriptでスプレッドシートの列非表示を表示|列数で指定するには

  • showColumns(columnIndex)

を使う。

・showColumns(columnIndex)
指定されたインデックスの列の表示を非表示にします。

タイプ 説明
columnIndex Integer 列のインデックスは元に戻す

参照:sheet#showColumns(Integer)

Google apps scriptでスプレッドシートの列非表示を表示|列数で指定する

function retu_hihyouji2()で先に非表示にしている。

列数を変数colに格納して、showColumns(col)で表示するスクリプト。

/*スプレッドシートの列数を指定して非表示にする*/
function retu_hihyouji2() {

//スプレッドシートAppを呼び出し
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
var sht = ss.getActiveSheet();

//A1:E10にかきくけこを挿入
var rng = sht.getRange("A1:E10").setValue("かきくけこ");
var col = sht.getRange("C1");//非表示にするセルを設定
var col1= col.getColumn(); //非表示セルの列数を取得

//列を非表示にする
sht.hideColumn(col);
//メッセージボックスに非表示にした列数を表示
Browser.msgBox(+col1+"列目を非表示にしました。");

}


/*スプレッドシートの列数を指定して非表示列を表示する*/
function retu_hyouji2() {

//スプレッドシートAppを呼び出し
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
var sht = ss.getActiveSheet();

//表示する列数を設定
var col = sht.getRange("C1");//非表示になったセルを設定
var col1= col.getColumn(); //非表示セルの列数を取得

//列数を指定して列を表示する
sht.showColumns(col1);
//メッセージボックスに表示にした列数を表示
Browser.msgBox(+col1+"列目を表示しました。");

}

 

Google apps scriptでスプレッドシートの列非表示を表示|列数で指定するsample

まとめ

unhideColumn()メソッドは非表示列をRangeで指定していたが、showColumns()は列数で非表示に出来るのでより簡単で便利。

1列目を非表示にしたい場合は

showColumns(1) ○

showColumn(1) ☓

なので注意する。

>>スプレッドシートの列を非表示にする

>>スプレッドシートの列を削除する

>>スプレッドシートの指定した列の後に列を挿入する

>>スプレッドシートの最終列を取得する