Google apps scriptでスプレッドシートにある列の非表示を表示する

Google apps scriptでスプレッドシートにある列の非表示を表示するには

  • unhideColumn(column)

を使う。

・unhideColumn(column)
指定された範囲の列を表示します。

パラメーター

タイプ 説明
column Range 非表示の場合は表示される範囲

参照:spreadsheet#unhiderowrow

Google apps scriptでスプレッドシートにある列の非表示を表示するスクリプト

retu_hihyoujiのスクリプトで列を非表示にして、retu_hyoujiのスクリプトで列を表示する。

非表示処理した際に左にスクロールされ、再度表示されたのか分かりづらい。対処としてA1セルを最後に選択する処理を追加した。

/*2列目を非表示にするスクリプト*/
function retu_hihyouji() {

//スプレッドシートAppを呼び出し
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
var sht = ss.getActiveSheet();
//A1:C10にaiueoと入力
var rng = sht.getRange("A1:C10").setValue("aiueo");

//A2を取得
var A2 = sht.getRange("A2");
//A2の行数をrow1に格納
var col1 = A2.getRow();
//A2を非表示に
sht.hideColumn(A2);

//非表示にした行数をメッセージボックスに表示
Browser.msgBox("「"+col1+"列」を非表示にしました");
  
}

/*非表示を表示するスクリプト*/
function retu_hyouji() {

//スプレッドシートAppを呼び出し
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//アクティブシートを取得
var sht = ss.getActiveSheet();
//A1:C10にaiueoと入力
var rng = sht.getRange("A1:C10").setValue("aiueo");

//A2を取得
var A2 = sht.getRange("A2");
//A2の行数をrow1に格納
var col1 = A2.getColumn();
//A2を表示にする
sht.unhideColumn(A2);

//非表示にした行数をメッセージボックスに表示
Browser.msgBox("「"+col1+"列」を表示しました");
//A1セルに移動
sht.getRange("A1").activate();

 }

Google apps scriptでスプレッドシートにある列の非表示を表示するsample

まとめ

行の非表示を表示すると同様に列を非表示するメソッドと一緒に使っていくことで、見える範囲を減らして作業性を向上させることが出来る。

注意点としてunhideColumn()は表示するセル番地で指定すること。

unhideColumn(1)  ☓

unhideColumn(“A1”) ◯

>>スプレッドシートの行を非表示にする

>>スプレッドシートにある列の非表示を表示する

>>スプレッドシートの行非表示を表示|行数で指定する

>>スプレッドシートの列を非表示にする