GASでスプレッドシートをアクティブにする方法

Google apps scriptを使ってスプレッドシートをアクティブにするには

  • activate()

を使う。

・activate()
このシートを有効にします。シート自体は変更されず、アクティブシートの親の概念のみが変更されます。

参照:sheet#activate()

スプレッドシートをアクティブにする例

シートオブジェクト.getSheetByName(“シート名”)にて選択したシートを、変数firstに格納。

first.activate()にて指定したシートをアクティブにしたスクリプト。

//"first"という名前のシートを取得する
function sht(){

//スプレッドシートAppを呼び出し
 var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();

//firstシートを取得してfirstに格納
 var first = ss.getSheetByName("first");

Logger.log(first);

//取得したシートをアクティブに
 first.activate();
 
var msg ="シートを移動しました"
var title = "移動したメッセ"
var sec = -1 //マイナスでずっと表示

//toastメソッドでポップアップ表示する
SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().toast(msg,title, sec);

}

最後に移動先のシートの右下にポップアップ表示が出るように追記した。

 

スプレッドシートをアクティブにするsample

アクティブなシートを取得するSpreadsheet

 

まとめ

スクリプトを実行する際に、シートを指定してアクティブにする時に使う。

先に選択先、アクティブにするシート名をgetsheetByName(“”)の””の中と同様に変更しておく必要がある。

>>スプレッドシート内の指定したセル範囲をアクティブにする

>>スプレッドシート内の指定された範囲をアクティブにする

>>スプレッドシート内の指定したシートをアクティブにする