Google apps scriptでスプレッドシートを取得する

Google apps scriptでスプレッドシートを取得するには主に2通り

  1. スタンドアロンスクリプトで実行する
  2. コンテナバインドスクリプトで実行する

スタンドアロンスクリプトはGoogleDriveの中でプロジェクトファイルを実行・保存する方法。テキストエディタにプログラムを作るイメージ。

コンテナバインドスクリプトはスプレッドシートやフォームなど親ファイルに紐付いた形で保存する方法。ExcelVBAのイメージに近い。

Google apps scriptでスプレッドシートを取得する

スタンドアロンスクリプトで実行する場合は

  1. GoogleDrive
  2. 新規
  3. その他
  4. Google Apps script

と選択してエディタ画面を開く。

 

スタンドアロンスクリプトでスプレッドシートを取得する場合

openByIdを使って取得するスプレッドシートのURLを叩く。

 

スタンドアロンスクリプトでスプレッドシートを取得するsampleドキュメント

 

コンテナバインドスクリプトでスプレッドシートを取得する場合

コンテナバインドスクリプトでスプレッドシートを取得する場合は2通り。

 

アクティブなスプレッドシートを取得する

getActiveSpreadsheetを使ってシートファイルを取得する。

 

アクティブなシートを取得する

getActiveSheetを使ってファイルのシートのみを取得するイメージ。

 

コンテナバインドスクリプトでスプレッドシートを取得するsample

コンテナバインドスクリプトでスプレッドシートを取得

 

まとめ

getActiveSpreadsheet()でシートのファイル全体を選択。

getActiveSheet()でシート単体を選択。

>>スプレッドシートのURLを取得する

>>スプレッドシートの全てのシートを取得する

>>スプレッドシートのIDを取得する