Google apps scriptでスプレッドシートのドキュメントの名前を取得する

Google apps scriptでスプレッドシートのドキュメントの名前を取得するには

  • getName

・getName()
ドキュメントの名前を取得します。

戻る
String – スプレッドシートの名前

参照:spreadsheet#getName()

Google apps scriptでスプレッドシートのドキュメントの名前を取得するスクリプト

getNameメソッドでアクティブシートの名前を取得して、変数nameに格納。

メッセージボックスを表示してOKだったらアクティブシートの名前をA1に記載。

キャンセルだったら取得せずA1の値を削除。

/*スプレッドシートの名前を取得*/
function getname() {

//スプレッドシートAppを呼び出し
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
//このシートのシート名を取得してnamaeに格納
var name = ss.getName();

// メッセージボックスにシート名を取得して表示するか確認
var msg = Browser.msgBox("ドキュメントの名前","このドキュメントの名前"+ss+"を取得しますか?",Browser.Buttons.OK_CANCEL);

//もしOKだったらメッセージを表示してA1にシート名を記入
if(msg == 'ok'){
 
 Browser.msgBox("A1にドキュメント名を記入します。");
  ss.getRange("A1").setValue(name);
  }

//もしCANCELだったらメッセージを表示してA1の値を空白にする
if( msg == 'cancel'){

 Browser.msgBox("ドキュメント取得をキャンセルしました");
 ss.getRange("A1").setValue("");
}
 }

 

Google apps scriptでスプレッドシートのドキュメントの名前を取得するsample

 

まとめ

例えば「SpreadsheetApp.getName」でも取得出来る。

var sn = SpreadsheetApp.getName();
Logger.log(sn);

みたいな。ドキュメントの名前って意外と確認がめんどくさいのでこれでLogger.logで確認出来るのは便利。

メッセージボックスのOK_CANCELをifで分岐さえる時に

  • if(msg == ‘OK’) ☓(上手く動作しない)
  • if(msg==’ok’)  ○(きちんと動く)

となるので注意する。

>>スプレッドシートのIDを取得する

>>スプレッドシートのURLを取得する

>>Google apps scriptでスプレッドシートを取得する

>>スプレッドシートをアクティブにする